産後に多い痔の症状 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

産後に多い痔の症状

出産を終えて、産後を迎えるとさまざまな悩みが出てきます。自分自身の体の変化や赤ちゃんの発育などについての悩みが出てきます。一人で悩まずに、周りの人に相談してみましょう。

産後に「痔」になり、悩みを抱える場合があります。
産後に痔になるのは、特別なことではなく、症状の強弱はありますが、多くの経産婦が経験していることのようです。
妊娠していると、胎児の重みなどで、校門付近にある静脈を圧迫している状態になります。そのため、血管が圧迫されて内痔核が出来やすくなってしまうのです。それに加えて、妊娠中は便秘になる人が多く、排便時に肛門が刺激されることで痔になるケースもあります。
また、出産時に強くいきんだことで、痔になるケースもあるようです。それから、肛門から腸の一部が外に出てしまう脱肛が起こる場合もあります。

実際に、出産を経験した女性は、産後の痔に悩みを持つ人は意外と多いようです。
痔になると、座るときに刺激されるので痛みが強く現れます。ですから、ドーナツ型の座布団などを使って、刺激を軽減するとよいでしょう。
そして、痔になってしまった場合は、お尻を綺麗に拭くことができないので、シャワーやウォシュレットを使って、清潔に保ち、軟膏などを塗ると徐々に回復し、悩みも軽減されていくでしょう。
肛門は排泄時に刺激され、不潔になりやすいので、注意しながら症状を観察しましょう。

産後に、痔になってしまった場合は、先に述べたとおり、清潔に保つのが第一です。しかし、産後1ヶ月以上たっても痔の症状が軽減されない場合や多量の出血が見られるときは、専門科を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.