産後と尾てい骨の正しい位置 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

産後と尾てい骨の正しい位置

産後は、腰痛や尿失禁など、上半身の悩みよりも下半身の悩みを抱える場合が多いようです。
妊娠によって、骨盤が開き、出産時には産道を広げるために、尾てい骨や腰骨が歪みます。一説には、出産を終えると骨盤の位置は、徐々に正しい位置に戻るそうですが、なかなかそのようには行かないようです。

産後は、赤ちゃんの世話も忙しく、夜の授乳などもあり少しでも時間があれば横になっていたいと感じている母親も多いでしょう。また、赤ちゃんを抱っこしてあやしたり、授乳を行ったりするので、腰を痛めてしまう場合もあるようです。そのため、腰痛が悩みとなることもあるでしょう。また、尾てい骨のあたりが痛む場合もあり、立ったり座ったりするのが苦痛に感じる人もいるようです。
これらの理由には、骨盤全体の骨の位置が関わっています。
先にも述べたように、出産をするときに産道を広げるために、腰骨や尾てい骨が広がります。この作用は、女性ホルモンによるもので、生理的な働きといえます。そして、広がった骨盤は、およそ2ヶ月を掛けて、元に戻っていきます。2ヶ月というのは、骨盤を広げる作用があるホルモンがこの期間分泌されているからです。
ですから、この間にいくら骨盤体操などを行っても、骨盤は、元の位置に戻りづらい状態になっています。この状態を軽減させるために、産後は、コルセットなどを使って骨盤の広がりを押える方法もあります。
骨盤の歪みに悩みを持つ人も多く、さまざまな方法を行うようです。また、骨盤ダイエットの方法なども紹介されているので、実践している人もいるでしょう。

産後によって尾てい骨が痛み悩みを抱えている場合は、整体やカイロプラクティックなどで、腰骨や尾てい骨の位置を正しくしてもらうと良いでしょう。これらに通う場合は、産後、順調に回復しており、2ヶ月が経過している場合にしましょう。骨盤の位置が正しくなることで、他の悩みが解消される場合もあります。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.