産後の悩みと痔の治療 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

産後の悩みと痔の治療

出産は、女性にとって大仕事であり、産後の喜びと共にたくさんの悩みを抱える場合もあります。

産後や妊娠中に痔になるケースが多く、立ったり座ったりすると肛門が刺激されて、苦痛を感じます。
妊娠や出産を経験した人の50%以上の人が痔を発症しており、それが悩みとなっているようです。痔の悩みは、人に相談しにくいようで、一人で悩みを抱えているケースも見られます。一人で悩まずに出産経験者や産婦人科、肛門科などに相談して、治療を行うと良いでしょう。

産後に痔の治療を行うときは、赤ちゃんへの授乳に配慮した薬が処方なれます。水薬のラキソベロンや内服薬のプルセニドが処方されることが多いようです。そして、痔の症状を軽減させるように食事の指導や排泄時の指導が行われます。

病院での治療を行いながら、痔の症状を軽減させるための食事の指導では、食物繊維の多いものの摂取や水分の摂取、軽度の運動を生活に取り入れ、腸のぜん動運動を促進するように指導されるようです。
妊娠中に痔の症状が見られる場合は、無理のない運動を行うようにしましょう。激しい運動は、早産や切迫流産などの原因になる場合もあります。また、排泄したい気持ちが無くても、トイレに行く習慣をつけ、毎日、自然な排泄ができるように心がけると良いでしょう。

産後は、肛門付近の動脈にかかっていた圧迫がなくなるので、血管のうっ血などが見られなくなるので、痔の症状も徐々に軽減されていきます。ですから、産後1ヶ月程度たてば、痔は快方に向かうでしょう。
しかし、出産時に脱肛してしまった場合や痔の症状が重い場合は、手術を行って、改善していきます。

産後は、育児や家事も忙しく、また、痔の悩みは相談しにくいことから、自己判断で市販の薬などを使用してしまいたくなりますが、赤ちゃんに授乳を行うので、医師の診察を受けるようにしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.