乳腺炎とはどのようなものか 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

乳腺炎とはどのようなものか

出産後、すぐに与える母乳は、初乳といって、とても栄養価が高く、免疫力を赤ちゃんに与えるものになります。
産後から母乳を開始することが多く、赤ちゃんに母乳をあげるたびに胸が張ります。そして、その母乳に関する悩みや胸自体の悩みも出てきます。
母乳を与え始めると、赤ちゃんが母乳を飲んだことで乳腺が刺激され、次の母乳に備えて、乳腺が働きます。そして、ある程度時間がたつと、胸が張って痛みや熱を伴う場合があります。中には、このような状態になると、そろそろ母乳の時間、と授乳の目安にしている母親もいます。
このときに、しっかりと赤ちゃんが母乳を飲むと、張りや痛みが治まりますが、赤ちゃんの飲む量が少ないと、乳腺に母乳が残り、乳腺炎になる可能性が出てきます。
赤ちゃんがあまり母乳を飲まないと、乳腺に母乳が残ってしまうので、胸が硬く腫れ、熱を帯びた状態になることを「停滞性乳腺炎」といいます。

そして、赤ちゃんが母乳を飲んだときに、乳頭が傷になってしまい、そこから雑菌が侵入すると「急性化膿性乳腺炎」となります。このような状態になると、倦怠感や頭痛、食欲低下などが見られます。この場合は、雑菌によるものなので、放置しておくとリンパ節も張れ上がる場合があります。

産後に母乳育児を望む母親も多く、乳腺炎で母乳をストップしなければならないというのは、心苦しさを感じるかもしれません。
停滞性乳腺炎の場合は、赤ちゃんの飲み残した母乳は、自分で絞り出し、胸のマッサージを欠かさず行うことで解消される場合もあります。そして、急性化膿性乳腺炎は、母乳をあげる前と後に、乳頭を清浄綿などで清潔し、傷があるときは一時母乳を中止し、清潔に保って起きましょう。

最近は、母乳に関する「母乳外来」を併設している産婦人科もあります。乳腺炎が疑われる場合は、診察を受けると良いでしょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.