乳腺炎の改善方法 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

乳腺炎の改善方法

乳腺炎は、産後の悩みに多いものです。産後から卒乳まで、乳腺炎や母乳に対する悩みは多いものです。

産後に起こる可能性が高い乳腺炎は、停滞性乳腺炎と急性化膿性乳腺炎の2つがあります。どちらも、胸がはり、痛みや熱を伴い場合が多いようです。

停滞性乳腺炎になってしまった場合は、胸を揉み解し、硬くなった胸をできるだけやわらかくします。このときに、胸に強い痛みが伴いますが、赤ちゃんのために頑張りましょう。また、胸に熱が感じられるときは、冷やすと、痛みなどが軽減されます。
また、母乳をあげたあとに、マッサージをかねて、残っている母乳をできるだけ出してしまうと、停滞性乳腺炎を防ぐことができます。赤ちゃんの吸う力が弱い場合や1日に少量ずつ飲む赤ちゃんの場合は、この乳腺炎になり安いので、注意しましょう。

急性化膿性乳腺炎になってしまった場合は、助産士や産婦人科などで診察を受け、適切な処方をしてもらいましょう。
急性化膿性乳腺炎は、乳頭に傷ができてしまい、そこから雑菌が侵入して起こる乳腺炎なので、薬の処方などが必要になるかもしれません。ですが、母乳を赤ちゃんにあげなければならないので、体や母乳に影響しない薬が必要になります。

乳腺炎が起きる母親は、多くいるので深刻な悩みとして捉える必要がありません。
母乳は、産後から赤ちゃんに飲ませるものでもあり、母乳育児を行っていると、母乳の悩みが負担になる場合もあります。
停滞性乳腺炎は、赤ちゃんに母乳を与えることで、痛みなどが軽減される場合もあるので、悩みとして捉える必要はないのです。そして、急性化膿性乳腺炎も、適切な処置を行えば、母乳を与えることができるので、悩みを大きくしないようにしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.