産後に見られる尿失禁の悩み 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

産後に見られる尿失禁の悩み

産後には、産前には無かった悩みが現れる場合があります。その中には、深刻な悩みとして捉え、心理的にも肉体的にも大きな負担となる場合があります。

出産する年齢は、個人差がありさまざまですが、産後に尿失禁の悩みを抱える場合があります。
産後は、妊娠中や出産時に広がった骨盤の周りの筋肉が衰えており、筋肉の作用が元に戻っていないので、くしゃみやセキ、立ったときや下腹部に力が入ったときに尿失禁の症状がでる場合があります。
産後の体の回復と共に、尿失禁が軽減され、悩みが解消される場合もありますが、産後しばらくしても尿失禁が続く場合があります。
このようなときは、医師に相談してみるのも良いですが、尿失禁があることを相談するのは、恥ずかしさを感じる女性は多いものです。
そのため、自然に治るのを待ったり、独自に骨盤底筋力アップに体操を行ったりして悩みを解消する場合もあるでしょう。

産後の尿失禁で困るのは、外出時です。外出先で、尿失禁があった場合は、とても気になるものです。ですから、生理用品などで尿失禁がもし、もし起こったときに備えると、外出時の尿失禁の悩みを解消することが出来るでしょう。
また、骨盤底筋力アップの体操は、ハードなものではなく、姿勢は
寝ていても、座っていても、立っていても行えるもので、膣と肛門を閉めるようにして、5秒停止してから力を抜くもので、この運動を繰り返し、1日に数回行うことで、骨盤底筋が強化されます。

産後に尿失禁がある場合は、不快感や姿勢が変わったときに「あっ」と思うこともあり、1日に何度も下着を替えたりしなければなりません。
産後は、体力も消耗しているので、ゆっくりと産前の体型に戻しながら、尿失禁の悩みも解消していくと良いでしょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.