産後と母乳の悩みの解消 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

産後と母乳の悩みの解消

産後に母乳の量が足りているのか、不安に感じる場合もあります。粉ミルクと違い、量が測れないので実際にどのくらい赤ちゃんが飲んでいるのか分かりにくいものです。
このような場合は、母乳をあげる前の体重と飲んだ後の体重を量ると、だいたいどのくらい飲んだか分かります。そのほかには、赤ちゃんの様子で測ることができます。

産後に、母乳を与えていると徐々に胸の張りなどがなくなってくるので、母乳がしっかり出ているのか悩みを抱えてしまう場合もあるでしょう。また、母親が赤ちゃんにうまく母乳を飲ませられないのと同じように、赤ちゃんも母乳を吸うのが上手にできない赤ちゃんもいます。ですから、あせらずにゆっくりと進めていきましょう。

母乳の悩みは、妊娠中に乳頭や胸のマッサージを行うことで差が出る場合もあります。
出産前から、乳頭のマッサージを行っておくと、乳管が開きスムーズに乳腺から母乳が出るようになります。
乳頭のマッサージは、ベビーオイルを乳頭に塗り、乳頭の根元を親指と人差し指で上下につまんで、少し痛く位に引っ張ります。そして、つまむ方向を左右に換えて、同じように引っ張ります。
このようなマッサージは、妊娠20週目移行ぐらいから行うことが出来ます。
そして、産後はお風呂に入ったときに、胸をマッサージしながら血行を促進しましょう。母乳は、血液から生成されるので、血行をよくして温めると母乳ができやすくなります。
また、睡眠不足を防ぎ、睡眠を多くとるようにします。育児を行っていると、夜の授乳などもあり睡眠不足になりがちですが、赤ちゃんが寝ている間に自分も少し寝るようにしましょう。
母乳が出る量は、ストレスも大きく関わっているので、ストレスを上手に発散するようにします。

産後には、赤ちゃんの成長や自分の体の変化の悩みがつのることもありますが、父親にも協力を求め、ひとりで悩みを抱え込まないようにしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.