産後と母乳の量の悩み 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

産後と母乳の量の悩み

産後は、母乳で育てようと頑張る母親も多いですが、あまり母乳にこだわると、それが負担になり母乳の量に影響を与える場合もあります。母乳だけで育てることは、とても理想的なことですが、時には、粉ミルクを併用することで、母乳の悩みを深刻に考えすぎないようにしましょう。

産後に母乳を与えている母親は多く、母乳が足りているか心配になることも多いでしょう。
母乳の量が少ないのかも知れないと悩みを持つ母親が多いように感じられますが、母乳の量が多くて困っている母親も多くいます。

母乳が出る量は、個人差があり胸が張ってくると何もしなくても、ぽたぽたとたれるほど、出てしまい悩みを持つ場合もあります。また、赤ちゃんに母乳を飲ませようとすると、勢いよく出てしまい、うまく赤ちゃんに飲ませることができないと感じる場合もあるようです。
母乳がたくさん出ると、赤ちゃんが飲み込む前に、母乳がどんどん出てしまうので、赤ちゃんがむせてしまう場合もあります。また、母乳パッドをしていても、洋服に染み出てしまうほど多く出てしまうときもあります。

産後に母乳が多く出る場合は、乳腺に母乳がたまり、熱を持って強い痛みを感じる場合もあります。そして、乳腺が詰まったりしてしまい、乳腺炎を起こしやすくなります。ですから、赤ちゃんに母乳をあげたあとに、まだ、のっているように感じたら、搾りだすようにします。せっかく出る母乳を捨ててしまうのは、もったいないように感じるかも知れませんが、乳腺炎になってしまえば、母乳を飲ませたくても、飲ませることができなくなってしまう可能性もあります。

産後にたくさん母乳がでて悩みとして捉える母親もいるでしょうが、赤ちゃんが満足するだけ、母乳を飲ませることができる幸せをぜひ、感じて欲しいものです。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.