産後の悩みと多く出る母乳の対処法 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

産後の悩みと多く出る母乳の対処法

産後に、赤ちゃんを抱っこして母乳をあげるという行為は、母親にしかできないもので、この上ない幸せを感じることができるでしょう。
しかし、母親の中には、母乳に関する悩みを抱える場合もあります。母乳が少ないことに悩みを持つ場合と多く出る母乳が悩みとなる場合もあるようです。

産後に多く出る母乳は、赤ちゃんに十分に飲ませることができるので、母乳の量が少ないと感じている母親にとっては、うらやましい限りですが、多く出る人には出る人の悩みがあるでしょう。

産後に、本格的に出始める母乳が多く出る場合は、乳腺炎になりやすいので、しっかりと対処法を行うようにしましょう。
母乳がたくさん出る場合は、乳腺に母乳が残ってしまうことがあるので、赤ちゃんに母乳をあげたあと、残りを搾りだすようにしましょう。そのままにしておくと、乳腺がつまり、乳腺炎になる可能性が高くなります。
自分の胸を手で搾って、母乳を出すのが大変なときは、搾乳機を使って、搾乳を行いその母乳を捨ててしまうのがもったいないと感じる場合は、母乳専用の冷凍パックなどを使って、冷凍保存すると良いでしょう。

授乳の間に胸が張って、熱を帯びている場合は冷やすようにしましょう。便利なのは、食品用の保冷剤をタオルに包んで、痛みを感じるところにあてるようにします。また、じゃがいもを摩り下ろしたものをガーゼなどに包んで胸に当てたり、キャベツを葉を使用しても、熱を冷まし、痛みを緩和することができるようです。

産後、間もないころは胸が張りやすく痛みを感じる場合が多いようです。母乳に関する悩みは、産婦人科の母乳外来などを受診してみるのも良いでしょう。胸の痛みの緩和の仕方や多く出る母乳に関するアドバイスを聞くことできるでしょう。その他にも、産後に感じている不安や赤ちゃんの成長についても、質問することができます。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.