産後の悩みと腱鞘炎 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

産後の悩みと腱鞘炎

産後は、体力が低下しており、しばらくは安静にしていた方が回復が早いでしょう。しかし、最近は産後に一人で育児や家事を行う母親も多く、体に負担がかかりやすいといえます。

産後の悩みには、手首の腱鞘炎があります。
赤ちゃんを抱っこして、あやしたり、母乳やミルクをあげるときに、ずっと同じ格好でいることも多く、オムツの取替えなどで手首を傷めてしまう場合もあります。普段よりも手首を酷使してしまうので、腱鞘炎になりやすいといえます。
腱鞘炎は、育児を行っている場合のほかにも手首に負担がかかったり、神経が圧迫されると起こりやすい疾病です。

産後は、赤ちゃんを長い時間抱っこしていたり、沐浴のときに赤ちゃんの頭を支えたり、授乳中も赤ちゃんを支えたりするので、手首が痛む場合もあります。そして、育児を行っているとこのようなことが日常になるので、手首を酷使して腱鞘炎の悩みを抱えるケースもあります。

腱鞘炎の発症は、女性ホルモンの影響を受けるので、産後ばかりでなく、更年期の時期にも手首に痛みを感じる場合もあります。
腱鞘炎の症状は、手首の痛みや腫れが見られ、手首を動かすとかくっとした感覚を伴うようです。腱鞘炎の痛みが徐々に増す場合は、整形外科などで治療を行うようにしましょう。
産後は、腱鞘炎のほかに腰痛や肩こりなども起こしやすいようなので、整形外科や接骨院などで治療を行いましょう。

産後は、さまざまな痛みや症状が現れ、悩みになることも多いようです。痛みなどの症状があるときは、無理をせずに育児の補助アイテムなどを活用して、体の負担を軽減すると良いでしょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.