産後の悩みと腱鞘炎の解消 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

産後の悩みと腱鞘炎の解消

産後の悩みは、自分自身のことや赤ちゃんの成長のことなどさまざまなものがあります。そして、赤ちゃんを出産したあとは、徐々に成長して体重が重くなっていく赤ちゃんを支えながら、育児を行うと、腱鞘炎を発症することがあります。

赤ちゃんがぐずったりすると長い時間抱っこしてあやすこともあるでしょう。また、1日にうち何度もオムツの交換を行い、授乳も行われます。そのため、母親が手首に痛みを感じることがあります。そして、そのままにしておくと、腱鞘炎を発症することがあります。

産後に育児を行っていると、同じ姿勢で授乳を行ったり、抱っこしたりすると手首を酷使してしまうので、腱鞘炎を起こしやすくなります。そして、手首の痛みから抱っこできないことや育児が思うようにできないことが悩みに繋がりやすいようです。
また、産後運動不足になっている場合もあり、筋肉に柔軟性がなくなっているために、手首に負荷がかかると腱鞘炎になることもあります。

産後、しばらくして回復が順調であれば、全身のストレッチや軽度の運動を取り入れると腱鞘炎を防ぐことができるでしょう。また、激しい運動ができなくても、手首を回したり、ストレッチを行ったりして、手首をやわらかくしておくことも腱鞘炎の悩みを軽減することができます。そして、手首を保護するサポーターなどを使って、腱鞘炎にならないようにすることもできます。

産後に腱鞘炎になった場合は、整形外科や接骨院で治療を行い、早めに治すようにしましょう。
また、父親が家庭にいるときは、抱っこを交代してもらうなどして、家族で協力して育児を行うようにしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.