産後の悩みとうつ症状 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

産後の悩みとうつ症状

産後は、体力が消耗していて、以前は、産後1ヶ月は入浴や火事などを避け、安静にしていた方がよいとされていました。しかし、最近は、里帰り出産を行わない女性が多く、病院を退院した後は、一人で家事や育児を行うケースも多くなっています。

産後には、さまざまな悩みが出てきます。特に、病院を退院して、自宅に帰ると、自分の体の変化や赤ちゃんの成長などが気になり、悩みが多くなるようです。

産後に、さまざまな悩みを抱えたまま、育児や家事を行っていると、うつ症状が現れる場合があります。また、産後に女性ホルモンにも変化が見られるので、涙もろくなったり、少しのことが気になったりします。そして、情緒不安定な状態が続くので、産後うつになる可能性が高くなります。それから、核家族化が進み、育児の悩みがあっても、身近に相談できる人が周りにいないということもあります。

産後うつは、赤ちゃんがある程度成長するまで外に出られないことも加わって、外出できないことも助長しているといえます。その結果、自分が周りから取り残されているような疎外感を持つようになり、育児も思うようにできないという悩みがつのるようになります。
産後は、夜中の授乳もあり、睡眠不足もこのような状態を招く結果になります。楽しく育児ができるように工夫していくことも大切ですし、父親の育児の参加も大切です。

産後のうつ症状が悪い方向へ移行していくと、赤ちゃんに暴力を振るうようになったり、育児を放棄したりするようになると幼児虐待などを招く危険もあります。
産後に見られる悩みは、一人で悩まずに、出産の経験者などに相談するようにしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.