妊娠・出産と健康管理 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

妊娠・出産と健康管理

妊娠と出産は母体にかなりの影響を与えるので、どんなにタフな人でも、出産後の健康管理が欠かせません。そして、出産後も仕事をしていくために、これまでよりも心身状態に気を使い健康的なものに保ちましょう。

不安定なホルモンバランスにより、産後うつ病になってしまう人も少なくありません。
さらに、生後4ヶ月間は何回も授乳させなければいけないのでなかなかぐっすりと眠れません。
他にも、仕事もこなさなければならないとなると、身体面でも無理をさせることが多いので疲れが溜まってしまいます。

身体も心も健康な状態を維持するためには、無理をしないことが大切な要素です。出産後、何ヶ月間かは、涙が出ることが多くなったり、日々不安感を抱くようになる方もいらっしゃいます。
こうした状態になっても、ホルモンバランスの崩れが原因ですから考え込まないようにしましょう。

毎日が寝不足で辛くなったら、周りの人達に助けてもらうなどして、充電の時間を取り分けることも重要です。

腰の痛みや身体の重さを感じる時は、それでも無理して赤ちゃんを抱っこするということは避けましょう。家事も育児も、他に会社の仕事まで全部を完璧にこなさなくてはと思わないようにしましょう。

他のお母さん方と比較しして自分は何もできていないと思う必要はないのです。

体力・気力がそろそろ持たないと感じたら、赤ちゃんと一緒にゆったり過ごしましょう。

けれども、何日も頭痛やだるさがとれず健康被害が出てきた時は、早めに医師に相談しましょう。
乳幼児の定期健診では、母親だけでなく他の家族も一緒に付き添って、自分の健康チェックも行ないましょう。

自治体ごとの特徴として、保健師の方の育児サポートを実施しているところが多いので、積極的に手助けしてもらうと良いかもしれません。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.