子供の預け先 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

子供の預け先

出産した後に仕事するのであれば、子どもの世話をしてくれる親がいる場合を除き、まず子どもの預け先を考えましょう。

保育園に関係する事として、入園申し込み希望者に対して保育所の数自体が追いついておらず、待機児童の問題が大きく取り上げられるようになりました。

保育園や認証保育所の申し込みを行える時期は、多くの場所が11月以降に受付を行なうようです。入園申し込みのための書類は、各自治体や保育園・保育所で配布されます。


定員オーバーなどの理由で入園できなかったり、夜間や休日の保育をお願いしたい場合は、無認可保育園の利用も考えてみるのも良いでしょう。

無認可ではあっても、行政監査や行政指導が行われる中で保育所の役割を果たしています。

さらに、企業内に設置された保育所や保育ママという制度も施行されているようです。保育の時間・曜日、月額の保育料などは、施設によって異なります。出産した後はゆっくり考える時間が取れないため、子どもを出産する前に保育園について調べておきましょう。

それから、出産前に予約申し込みのできるところも多いので、できるだけ早く行動することが大切です。希望の保育園を選ぶときに、会社と保育園の距離が離れているよりも近場の保育園に通わせるほうが良いこともあります。

さらに他の点として、時間が不規則な職場や休日にも頻繁に出勤する必要がある仕事では、公立の保育園より私立の保育園の方がお勧めです。

なお、産後すぐにまだ小さい赤ちゃんを預けるのは赤ちゃんが可哀想と言われますが、必ずしもそうではありません。


赤ちゃんは、成長するにつれてお母さんがそばに居なくなることを理解し、なかなか保育園に行こうとしなくなる、という人も少なくありません。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.