育児支援制度と仕事 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

育児支援制度と仕事

子どもを育てている女性が仕事と両立しやすいように支援する制度は、少子化対策が考えられる中でだんだんと整えられています。出産後にすぐ仕事復帰するというのは苦労することも多々ありますから、様々な支援制度も賢く利用しましょう。

こうした制度の中には申請書類の提出が求められることもあるので、詳細を確認しておきましょう。

出産後すぐに受けることができる支援制度とは何か考えてみましょう。こんにちは赤ちゃん事業という制度がありますが、これは乳幼児のいる家庭を保健師さんなどが訪問し、育児や家事など家庭全般の援助をしてくれる制度です。


そして「保育ママ」というものは、自治体が認可した家庭で赤ちゃんを預かってくれる制度です。生まれてすぐの乳児から3歳までの児童が受けられる制度で、自治体に費用の一部を負担してもらえます。

近年発足した「ファミリー・サポート・センター事業」という制度は、保護者の急用・急病などの時に子どもを預かるサービスなどが利用できる制度です。

看護休暇に関しては、小学校に入る前の子どもであれば急病などの時に、年5日休暇の申請が認められる制度のことです。一時メディアでも頻繁に取り上げられた子ども手当は、満15歳を迎えた日から最初の年度末(3月31日)まで、保護者に給付金として支給されます。
他にも、シングルマザーやシングルファザーを支援する制度も施行されています。

自治体の団体が行なっている住宅支援制度が利用できる場合もあるのでチェックしてみましょう。

支援制度には含まれませんが、NPO法人主体の育児サポートも活発です。
さらに、子育て中に生じる悩みなどを解消したいなら、子育てに関連したウェブサイト探してみるのも良いかもしれません。


出産後に抱えた問題や、スムーズに職場に復帰するためのポイントなど、子育て経験者の助言を受けることで悩みの解消にもつながるでしょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.