育メン 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

育メン

この頃では、「育メン」というワードが多く取り上げられるようになり、パパも子育てに参加する家庭が多いようです。さらに、育休を申請する父親の例も多くなってきています。

しかしながら、出産後も仕事を継続する主婦にとって、子どもを育てることと家事の仕事量はかなり多いでしょう。子どもが風邪をひいたり自分自身も体調が悪くなったりしたら、母親などに助けてもらうようにしましょう。

会社での仕事とは違うので、誰にも迷惑をかけずに全てを自分一人で行おうなどと、背伸びをしなくても良いのです。

子どもの世話が徐々に減っていくまでは、家族を困らせてしまうことも予期しておきましょう。しかし注意点として、家族が手伝ってくれることに対して期待しすぎないことです。

身内だからとつい甘えてしまい、自分一人だけが大変なんだという感情が表に出てしまうこともあります。そういったときには、ひと呼吸おいて、感謝の気持ちを思い出しましょう。


また、「母親なんだから」とか「父親だから当たり前でしょう」といった言葉を出てしまわないようにしましょう。

夫婦で育児に疲れ果ててしまい、重苦しい雰囲気になってしまったら、家庭での「育休」を作るとよいかもしれません。例えば、今週の休みの日はママが休む日、、来週はパパが休むなどと、夫婦で決めると良いでしょう。


出産した後は自分の時間がないことがほとんどなので、たまには一人で外出して好きなことをしながら過ごすもの良い気分転換になります。


友人と食事を楽しみながら普段の育児や仕事の悩みをおしゃべりするのも良いでしょう。

男性も、友人と会って日頃の苦労を労りあうと育児にいっそう力が湧いてくるでしょう。


夫婦で互いに協力し合いながらせわしく日々を過ごしている間に、子どもはどんどん大きくなっていきます。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.