そもそも産後うつとは 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

そもそも産後うつとは

産後うつという病気は、出産の後少ししてから気持ちがうつぎがちになる症状になることを言います。
産後まもなくというのは、出産したあと2週間から3週間ほどたった時期のことで、1年単位でうつ状態が続くことが多いと言われています。
マタニティーブルーと勘違いする人もいますが、うつの方が格段に重症だといえます。
理由もなく気分が沈むことが2週間程度継続し、気が付かないうちに立ち直ってしまうのがマタニティーブルーと言うものです。
ところが産後うつになると、元気がなくなるだけではなく今まで簡単にできていた家事などができなくなってしまうなどの症状が表れてきます。
それだけでなく、睡眠障害や食欲がわかないなど、普段の暮らしに負担が課せられるようになります。
うつは心の病気ですので、自分では気づかないことが少なくありません。
変調に気付きながらも、疲れているだけだと思い込み無理をしてしまってかえって酷くなることがよくあります。
同じ家にいる家族が気づいたり、本人と話をした人が話の内容などから早めにうつを発見して治療開始することが早い回復の道となります。
現実的に、産後うつは発見されにくい病であるとされています。
出産の経験者に産後うつのアンケートをとってみると、今考えてみると当てはまるようだと感じる人が大多数のようです。
今思えば…と感じている人は、うつの状態が軽度で済んだ幸運な事例でしょう。
うつは放置しておくと重症化して、深刻な状態に陥る危険もあるため、軽度のうちに気付くことが肝要になってきます。
産後うつは、必ずサインが現れるものですから、赤ちゃんを産んだばかりのママが身近にいる人は、よく注意を払うようにしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.