なぜ起こるの? 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

なぜ起こるの?

産後うつは、赤ちゃんの面倒を見ている時に気分が沈むことが始まりとされています。
これは、どのような要因で気持ちが暗くなるのでしょうか。
産後うつに罹ったことがある人に聞いたところ、理由がなく気持ちが塞ぐ以外では理由は少なくありません。
悩みとして、育児の段階での発育の遅れや、病気を抱えた赤ちゃんに対しての罪悪感から自分を責めてしまう人がいます。
赤ちゃんの成長の速度は気になるものですが、特に乳児は生後1ヵ月になると健診があり、医療機関で診察されます。
この健診の機会に、わが子の発達状態に危惧するママも大勢いるのです。
発育過程がよその子どもより遅れているかもしれないとか、自分の子どもが理解できないことが、他の子どもは理解出来るなど、比較してしまい不安が膨らみます。
その他にも、長時間赤ちゃんと2人だけという状態に適応できないことで産後うつに陥るママもいます。
赤ちゃんが生まれたために好きなように出かけられないのでうっぷんが溜まる場合もあります。
逆に、遊ばせるために赤ちゃんと一緒に外出しなければいけないのに人付き合いの不安が募って外出できないために悩んでしまうママもいます。
乳児と終日過ごしていて、世間に置いていかれたような感覚に落ち込んでしまう人も多いのです。
子育て中のママが考えるこれらのことは、心の内を家族と一緒に表に現すことによって解消される場合があります。
自分だけの心の内に溜め込まず、思い切って家族に打ち明けると思ったよりすぐ受け入れてくれることもあります。
愚痴を言うことは必ずしもいけないことではないのです。
産後うつを防ぐためにも、不安なことを周りに打ち明けるようにしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.