心がけについて。 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

心がけについて。

産後うつに陥らないように、いったい育児生活でどのようなことを心がければ快適だといえるでしょうか。
常時赤ちゃんと一緒に生活しているママにとって大切なのはそばにいてくれる旦那さんや専門に協力してくれる人だと思われます。
産後うつを体験した人に聞いてみると、特に夫のサポートがなかったと多くの人が返答した結果になっています。
日常を共にする旦那さんに子育ての不安について聞いてもらえないと、取り残されたような感覚にとらわれるママもいます。
口に出さないまでも、夜泣きで辛い思いをしている際、面倒そうな感じを見せただけでも、非常に負担を抱えてしまうものなのです。
ストレスが幾重にも重なってしまったママは、徐々に他人との接触を拒むようになるのです。
産後うつにしないためには、近親者の暖かい手助けが大切だといえるのです。
仕事などで育児に関わることができない人は、ねぎらいの一言をかける努力をするだけで良いのです。
最も有効なのは、ゆっくり過ごせる時間を用意してあげて、ママだけの時間にしてあげることが良いでしょう。
とりわけ連日続く夜泣きに困っているときは、一夜でも代わってあげるという手も効果的です。
何はともあれほっとできる時間を授けてあげることが肝心です。
産後鬱を回避するためには、心身共に満足のいく休養ができる期間が不可欠です。
ゆっくりと休養することで、精神的にも落ち着いて正しい考え方が可能になります。
子育てに掛かりきりのママは、自分のやりたいことを二の次にして子育てを頑張っています。
適度にリラックスできる時間を与えるようにしてあげましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.