産後に見られる骨盤の歪み 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

産後に見られる骨盤の歪み

産後は、腰痛や尾てい骨に痛みを感じる人も多いようです。その理由には、妊娠や出産のときに起こる骨盤の変化が影響を起こしているものです。

産後に骨盤の歪みが現れることは、ずいぶんと知られるようになり、産後に骨盤のケアを行う人も増えているようです。
骨盤は、大きな1つの骨を表すのではなく、仙骨、寛骨、尾てい骨からなるものを骨盤といいます。この骨盤は、下腹部にある子宮や腸を守り、上半身と下半身をつなぐ骨の集合体です。

骨盤は、妊娠後期に向けて、徐々に形を変えて胎児を守るように大きく広がります。そして、出産時には、産道を広げるために骨盤のそれぞれの骨が移動します。
出産後は、ホルモンの働きによって、通常は、産前の元の位置に戻るようになっていますが、順調に骨盤の位置が戻らないために、骨盤が大きく広がったままになったり、左右差が出てきたりします。
そして、この骨盤の歪みのよって、産後に腰痛や尾てい骨の痛みに悩まされるようになります。

産後に骨盤の歪みによって、姿勢が悪くなったり、冷え性などの産前には無かった悩みを抱える場合もあります。
最近は、産後でも、スマートな母親が多く、骨盤が歪んだことで、スタイルが悪くなるという考えから、産後間もないころから、骨盤をケアしている若い母親も多くいます。

骨盤の歪みは、産後のスタイルを悪くするというだけでなく、股関節や膝関節にも影響があり、O脚やX脚の原因になり、悩みとなる場合もあります。このような状態は、股関節や膝関節を痛めてしまう可能性もあるので、骨盤の歪みが気になるときは、整体などで施術を受けると良いでしょう。また、ダイエット方法などで、骨盤の歪みをとる体操などを紹介されているので、実践してみましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.