産後鬱のひとに行ってはいけないこと 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

産後鬱のひとに行ってはいけないこと

産後うつを経験した母親は自分の力で子育てをしっかりしなくてはいけないと自覚しています。
パパもいるのにもかかわらず、子育てを担当するのは自分なのだと一人ぼっちの思いを抱えています。
赤ちゃんが誕生しても、お父さんの生活自体はあまり変わらないでしょうが、ママの日常は激変します。
会社から戻ると、食事の用意が整っているのは普通であると考えていませんか。
お風呂もできていて、家の中もきちんとなっていることが自然の成り行きだと思ったりしていませんか。
生まれたての赤ちゃんは眠るのが仕事だから、家事ができて当然だと言う考え方ではママも負担になります。
産後鬱を回避するためには、パパの協力が最も重要です。
パパも仕事で疲れが溜まっているでしょうが、疲れているのはママも同じです。
子育て経験が初めてのママは、万事プレッシャーと闘っているのです。
用意するミルクは適した温度だろうか、量は問題ないか、お風呂に上手に入れられているのだろうか、赤ちゃんは気持ちよく過ごせているだろうか、一日ずっと心配しているのです。
赤ちゃんが眠りについているので、合間を見て家事をきっちり行えばいいという考え方だと負担がかかります。
赤ちゃんが寝ていても、軽く咳をしたりくしゃみをするだけで何かあるのではと、考え始めるのです。
出産したばかりのママは、緊張し続けているということを考えて、旦那さんが出来ることがあれば、ママの仕事を代わってあげましょう。
どれを行うべきか教えてもらわなくても、パパにもできる仕事は多くあります。
食器洗い、ゴミ出し、部屋の片付けと掃除などもありますし、お休みの日などはママ役をバトンタッチしてあげても喜ばれます。
産後鬱でないとしても、普段から頑張っている人に頑張ってと更に言うことはさらにプレッシャーを与えることになるので、気をつけるようにしてください。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.