周囲の気配りも大切。 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

周囲の気配りも大切。

産後うつだと思われる母親は、日常でサインを出していたはずです。
共に生活をする家族がこの前兆を察知できなかったということです。
この症状が出れば間違いなく産後うつだという、特有の症状が見られないため注意深く見てあげる必要があります。
悩みを一人で抱え込まないママは、重いうつになることは少ないと言われています。
パパには負担を掛けたくないと、お願い事をしたいのに出来ないでいる母親が産後うつにかかってしまうものなのです。
協力を求めずに我慢しているママのために、パパが手伝えることを自分からしてあげましょう。
まずパパの捉え方を入れ替える必要があります。
家の中のことや子育ては母親だけの役割ではないのです。
自分から動いて、参加するようにしましょう。
奧さんを大切にしたいと思っているのに、声をかけたり行動に移すことが得意ではないという旦那さんはいませんか。
わざわざ自分からリクエストすることに抵抗があるママもいますから、言葉にされなくても気づいたらやれることはやってあげましょう。
周囲の立場からママを見て産後うつの状態ではないか見極めるためのチェック項目も存在します。
食事を作る回数が減った、疲れが残っているようだ、ため息の頻度が高まった、笑顔がないなど、パパが分かることも多くあります。
産後うつが長期化しないためにも、お父さんが特にママの変化に気付いてあげるようにしましょう。
おしゃれを楽しんでいた人が、外見を気にしなくなっていませんか。
出歩くことが好きだったのに、家の中にいることの方がいいと思うようになっていませんか。
以上の症状は、子育てで精神的にも肉体的にも疲弊しているときの症状として出てくるものです。
気持ちを切り替えるようにして引っ張り出そうとしても、常に断ってくるようなら産後うつの状態なのかもしれません。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.