産後に見られる骨盤の歪みの解消 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

産後に見られる骨盤の歪みの解消

産後にお尻が大きく見えたり、産後太りの原因に骨盤の歪みが関わっている場合もあるようです・

産後に歪みが見られる場合は、産後太りだけでなく、腰痛や尾てい骨の痛みなどに繋がります。
そもそも骨盤の歪みは、妊娠や出産によって起きています。
妊娠したことによって、妊娠後期に大きく育った胎児とそのほかの胎盤などを支えるために、骨盤が広がってきます。そして、出産時は、産道を広げるためにリラキシンというホルモンの作用によって、骨盤がそれぞれ緩みます。そして、出産を終えると、リラキシンの分泌がなくなるので、産後、しばらくすると骨盤は元の位置に戻ります。しかし、ただ、骨盤が元に戻るのを何もせずにいると、骨盤を組織している、仙骨や尾てい骨などが歪んだ状態のままになってしまう場合があります。

産後、2ヶ月ほどは、リラキシンの作用で骨盤が緩んでいるので、この間にできるだけ骨盤を元の位置に戻るようにケアを行いましょう。
産後、しばらくは運動などに制約がある場合もあるので、ウエストニッパーなどを使って、骨盤が元の位置に戻しましょう。
しかし、思うように行かなかった場合は、腰痛、尾てい骨の痛み、産後太りなどの原因になり、さまざまな影響が現れることが考えられます。股関節や膝の痛み、便秘や頭痛などにも影響します。
骨盤の歪みによって、起こる悩みを解決するには、骨盤を元の位置に戻すにする必要があります。
この場合は、整体で骨を元の位置に戻してもらったり、骨盤を正しい位置に戻すことができる、骨盤ベルトの着用、体操など、できることを行って、骨盤の歪みを解消すると良いでしょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.