産後に見られる出血 〜 産後お悩みねっと

main_top_over_navi
main_top

産後に見られる出血

産後に起こる悩みの中に、出血に関わることもあるでしょう。
通常は、6週間から8週間ほどでなくなります。この出血は、悪露(おろ)と呼ばれるもので、胎盤が腹部から張られたときの出血と羊膜や異物が排出されるものです。ですから、出産時には、誰にでも起こるものです。産後、間もないときは血液の色が赤いですが、徐々に茶褐色から白っぽくなっていきます。
出血が6週間前後続くので、いつまで続くのか、と悩みを抱えてしまう場合もあるようですが、出血の中に塊のようなものが無ければ心配する必要はありません。

産後の出血で心配なものは、大きな塊のようなものが出たときや鮮血のような鮮やかな赤色の出血が長引いている場合、痛みが伴う場合は、何らかの原因が考えられるので、産婦人科を受診した方が良いでしょう。

妊娠して大きくなった子宮は、産後2日から3日の間に縮み、その後、1ヵ月から2ヵ月かけて産前の大きさに戻ります。しかし、いつもでも赤色の出血が見られる場合は、子宮の収縮が遅れている可能性もあります。また、出産時に子宮が傷ついてしまい、出血している場合もあります。

出血が、通常よりも長く続いていると悩みに繋がりますから、不自然な点や疑問があるときは、主治医に診察してもらうようにしましょう。
出血の原因が、悪露のほかに卵膜の残りや胎盤の一部が子宮に乗ってしまっている場合がごくまれにあります。

産後に出血をするのは、通常のことなのであまり深刻に悩みとして捉える必要はありませんが、出血の色や排出物によっては、医師の診察を受けるようにしましょう。
医師の診察を受けることで、悩みを解消することに繋がり、安心して過ごすことができるでしょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 産後お悩みねっと All Rights Reserved.